高田 敏文 氏

ICAEA JAPAN 顧問

東北大学 名誉教授

國立中正大學(台湾) 教授

■タイトル

監査人にとってのData Analytics 活用の意義

~不確実性をいかに低減させるのか~

■要旨

情報技術の目覚ましい発展とその活用は監査人にとっても挑戦的な課題となっている。大手監査法人では、コンピュータ監査アプリケーションが開発され、顧客からも最新の情報技術を用いた高品質の監査が求められている。この基調講演では、監査における不確実性(監査対象にかかる監査人の「無知の程度」)をいかに低減するのかについての諸方法をアカデミアの立場から提言し、情報技術と深く結びついたData Analytics活用が監査人にとっていかに重要であるのかを報告する。