開催概要

​会議について

2021コンピュータ監査国際会議は、コンピュータ監査教育およびデータ分析を含むITの活用に関心のある監査業界(公認会計士)、規制当局(金融庁、英国FRC)、実業界(内部監査人)、研究機関(大学/大学院)という4つの立場の方々が一堂に会し、議論することを目的に開催されます。
参加者がこの国際会議に参加することにより、「海外を含めた『監査におけるデータ分析』の現状や課題、未来の方向性を把握することにより、自分が今、何をすべきかが分かる!」ことを目指して、下記のテーマで開催します。
「監査におけるデータ分析の現状と課題、そして、未来が分かる」
~4つの立場から『監査におけるデータ分析』を読み解く

開催概要.jpg
テーマ
  1. 監査のためのデータ分析、機械学習テクノロジー

  2. コンピュータ利用監査技法(CAATs)

  3. アプリケーションによる継続的監査とモニタリング

  4. アプリケーションによるRegTech(Regulation Technology)

  5. コンピュータ監査教育の事例研究

  6. アプリケーションによるGRC(Governance, Risk and Compliance )

  7. その他の関連分野

*Internationalサイトはこちらをご覧ください。