手塚 正彦 氏

日本公認会計士協会 会長

公認会計士

 

■タイトル

監査が目指すべき進化の方向性とテクノロジー

■要旨

VUCA(※)という言葉が示すとおり、社会や経済の将来を見通すことがとても難しくなっています。企業業績についての将来の不確実性も高まる中で、信頼できる企業情報開示に対する社会からのニーズがますます高まることは間違いないでしょう。これは、すなわち、従来にも増して質の高い監査が求められているとも言えると思われます。

このような状況において、監査が目指すべき進化の方向性とテクノロジーが果たす役割についてお話しします。

​※Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)という4つの言葉の頭文字を合わせて作られた言葉